ロレックスは最高品質の時計!デザイン性と機能性にも優れている

誰もが憧れる時計

高級ブランドの時計を身につけることは大人のステータスともなるでしょう。ロレックスは誰もが一度は憧れると言われているほど、常に時計界をリードしているブランドでもあります。デザイン性の高さを証明するだけでなく、機能性も兼ね備えている腕時計です。

より楽しめる

ロレックスを購入するからにはバックグラウンドについても理解するといいでしょう。ただ流行っているからという理由でロレックスを選んでも、本物のロレックス通にはなれません。バックグラウンドを知ることで、よりロレックス選びを楽しむことができるでしょう。

[PR]

高級腕時計ロレックスの販売業者
届いて2日以内なら購入したブランド時計の返品可能な業者はここ。

本物の時計

メンズ

ロレックスの歴史

ロレックスの歴史は現在から1世紀以上にもさかのぼります。1905年にハンス・ウィルスドルフという若き一人の青年が、「ウィルスドルフ&デイビス」という時計会社をロンドンに設立しました。1907年になると活動拠点をスイスに移し、その翌年に現代でも時計界のトップブランドに君臨する「ロレックス」を誕生させたのです。その後、腕時計としての実力が認められ、世界中でその名が知られるようになったのです。

オイスターケース

ロレックスの三大機構のひとつがオイスターケースです。オイスターは牡蠣という意味になりますが、牡蠣のように固いことからこの名前が付けられたと言われています。ケースの原料は金属の塊となっており、その塊を削り出して製造されています。また、裏蓋はスクリュータイプとなっており、リューズを組み合わせることで高い防水性能を誇っているのです。1962年には特許も申請されており、基本的な構造を維持したまま現在でも生産されています。

パーペチュアル機構

パーペチュアル機構は自動巻き機能のことを意味しています。この機能が誕生するまでの腕時計は、手巻き時計のみのとなっていました。そこでロレックスはパーペチュアル機構を発明し、1932年に特許申請後、翌年に認可されました。自動巻きになったことで時計は止まることなく動くことができ、手巻き時計に比べ実用性にも優れています。普段は防水ケースの中に収納されているため目に触れることはありません。精度の高いロレックスだからこそ、成しえる技だと言えるでしょう。

デイトジャスト機構

デイトジャスト機構とは零時ピッタリに日付が変わる機能のことです。1945年にロレックスが発表した機能として知られていますが、それまでは零時を境目に日付が瞬時に切り替わるのではなく、ゆっくり切り替わるものが主流となっていました。ですが、ロレックスは工夫を凝らし、日付けが瞬時に切り替わるデイトジャスト機構を実現させたのです。ロレックスはデイトジャスト機構を含めた三大機構を誕生させたことにより、信頼できる時計ブランドとしてのポジションを築き上げたのです。

納得できるものを選ぶ

腕時計

製品特徴を見分ける

ロレックスを選ぶ基準は人それぞれ異なるでしょう。デザイン性で選ぶ人もいれば、機能性を重視して選ぶ人もいます。一生ものの腕時計を購入するからには、自分が納得できるものを選ぶことが大切です。心から良いと思えるロレックスと出会うためには、何を基準にして選ぶのかが大切なポイントとなるでしょう。

READ MORE

新着情報

広告募集中